ある女性が車のどこかで子猫の鳴き声を聞いた。姿は見えないが、鳴き声は聞こえ続け…そこで車を販売店に持って行った。整備士が見つけてくれることを願って。

そのときに発見されたのがこの猫、ソナタだ。
3

1
 
「車が整備レーンに乗っている間も鳴き声が聞こえていました。キャビンフィルターの近く、グローブボックスの裏を探しても何もなく、ワイパーカウルを照らしてみても見つかりませんでした。」と、ヨバン・チャンバースさんはFacebookに書き記している。

「我々は再び鳴き声を聞きましたがそのときはフェンダーかバンパーの近くから聞こえたように思えました。そこで他の整備士を呼んで車を持ち上げました」

車をじっくり見回してようやく猫の所在を突き止めた。

「猫は泥除けの裏のくぼんでいるところにいました。」
 
2
 

整備士のひとり、ジョン・ニューマンさんは猫が救出されるとすぐに食べ物を差し出した。

さて、猫には家が必要だった。

「我々は最初に車の持ち主に尋ねましたが、既に4匹の猫がいて飼えないとのことでした」ジョンの妻、ティファニー・ヴァーミリオン・ニューマンさんは猫のまとめサイト・Love Meowに言った。

「そしてみんなお互いに猫が飼えないか尋ねることになり、夫の番になったときに彼は『あぁ、もちろんだ』と答え、私に連絡をして15分以内に帰宅しました。私達は一緒にペットグッズのお店へ行って猫に必要なものを買いました」

ジョンは猫を抱いたときにすっかり魅了されてしまい、「No」と言えなくなっていたという。

3

家へ向かう途中のソナタ
4


救助の模様の動画はこちら

子猫は家に着くとカウチの下に隠れてしまった。ティファニーさんがカウチの横に座ると数分後、子猫は顔をだして彼女によじのぼってきた。

「この子は私の膝に乗って寝てしまったんです」と、ティファニーさんはLove Meowに言った。
5
 
「ソナタはとてもいい子で、一緒にいるのが楽しいです」

家族は、彼らの息子と子猫の間に芽生えた絆に特に驚いた。

「息子は、親友だと言っています」
6

彼らは既に分かちがたい絆で結ばれている。

ソナタは人間の兄弟に抱きしめてもらうのが何よりも好きなようだ。
7

すやすや…
8