我々の暮らしはいつだって危険と隣り合わせ。それはつまり、シャッターチャンスは何時訪れるかわからないということでもあるわけで…

 1